スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢に出てきた

2009年03月27日

感情で話すと相手からは好かれるが、内容がなかなか理解できない。
理屈で話すと相手からは嫌われるが、内容を容易に理解することができる。

この2つをうまく使うことができる人は他人から好まれる。
うまく使うことが出来ない人は他人から嫌われる。

これより    極端=嫌われ者 という等式が成り立つ。
これと逆に   中庸=人気者   という等式も成り立つ。

物事を中立な立場で見ることが出来る人が地位や名声を得るのである。


↑夢の中に出てきた。
(とはいえ記憶は曖昧だから一部付加したりしているかも)

なんか数学の授業を受けてたのにこんなことを聞かされた っていう夢だった。
哲学っぽかったです。

自分が見た夢なのに、なんでこんなに感心できるんだろうね。

なぜ能力はあるのに頂点に立てないのだろうか って思っていたことを前日に思いだしたんだけど、こんな簡単な理屈だったとは思いもしなかった。

意識の中では理解できていたんだ~ って思いました。

それとクラス発表の手紙がきました。
7組でした。

同じクラスの人はよろしく。
スポンサーサイト
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。